太陽光発電の注意点とは | 太陽光発電探検隊

HOME » 太陽光発電ガイド » 太陽光発電の注意点とは

太陽光発電の注意点とは

太陽光発電システムによって、個人宅の発電で生活ができるようになります。
補助金制度を活用し、比較的導入しやすい価格で太陽光発電システムを設置できるのであれば、新しく設置したいという方は増えるでしょう。
太陽光発電システムの注意点は、初期費用がかかることです。
自宅で生産できる電力と、電力を売る事によって初期費用は回収できるといわれています。
しかし、実際には疑問が残ります。

最も壊れやすいソーラーパネルにはメーカーの保証がついているものの、その期間は平均して10年ほどです。
10年目以降に破損した場合には修理費がかかり、メンテナンス費用や土台の交換は実費で行う必要がある点に注意が必要です。
太陽光発電システムの設置費用は、補助金を含まない場合およそ170万円ほど。
高額な費用が掛かりますが、わずか10年で保証がなくなってしまうという点はリスク高いとも考えられます。

注意点は、設置後も費用が掛かる可能性があるということです。
屋外に設置する太陽光発電システムは、故障などに見舞われやすいソーラーパネルに意識が行きがちですが屋根の負担にも注意が必要です。
屋根の強度によっては、ソーラーパネルの重さでダメージを与える可能性があります。
注意点は、ソーラーパネルではなく設置する住宅の状態も確認しなければならないという点です。
問題なく使用していた場合でも、太陽光発電システムを撤去する際に費用が掛かります。
撤去や破棄にかかる費用は、およそ20万円ほどです。

太陽光発電システムは、太陽の光をエネルギーとして活用することが可能であり、メリットや魅力も多い発電方法です。
しかし、太陽光発電システムのメリットが先行し、注意点を見逃さないようにしましょう。
現段階の技術では、日本のみならず世界中で、補助金なくして太陽光発電システムは成り立たない状態です。
補助金がなくなっても太陽光発電が普及したのであれば、それが太陽光発電の真の普及であるといえるでしょう。